2008.10.08

続・絵画を飾ろう

『芸術は、爆発だ!』

今日は寝る暇もなく、朝から食品展示会へ行ったり、

午後から、全国大会の合同練習会に行ったりと忙しい一日でした・・・

正直、しんどいです・・・

そこで、本日も描きためた絵画でブログを埋めたいと思います。

本日は、バーボン(アメリカンウイスキー)『メーカーズマーク』です。

バックバーに並ぶ洋酒たちの呟きでお楽しみ下さい・・・

Photo_2「オレ、もうバーボンとして生きていく自信がないよ・・・」

「どうした?お前は、立派にメーカーズマークじゃん」

「実はオレ、洋酒が苦手でさぁ・・・」

世の中には、お酒が苦手なバーテンダーもたくさんいます。

そんな世界観を、お酒の立場に置き換えてみました。

「オレ、洋酒生まれだけど、大の焼酎党なんだ・・・」

みたいな・・・

| | コメント (2)

2008.10.07

絵画を飾ろう

『芸術の秋』

Photo

店内に絵画を飾ろう思い、自らパソコンで描いてみました。

ただ飾るだけでは面白くないので、以下の文章を入れてみました。

「先生!山崎くん(18)が、貧血で倒れました!」

「白州(18)お前、保管室に連れて行ってやれ」

いかがでしょうか?

18年熟成を(18)という表記で、設定を高校生にしてみました。

各高校、必ず一人はいたのではないでしょうか?

校長の話が長過ぎて、貧血で倒れる生徒。

この場合は、『校長』ではなくて、『工場長』ですね。

『保健室』も『保管室』にしてみましたが、お気付きになられたでしょうか?

当店では、絵画に直接文章を入れて飾ってあります。

小さい絵ですが、秋の気配と共にお楽しみ下さい。

| | コメント (3)

2006.09.25

真面目に・・・

『やれば出来る子、なかなかやらず・・・』

「やれば出来るのに・・・」と、言われて育った幼少時代・・・

それでも、なかなかやらぬ子で・・・

今でこそ、そんな事もないのだが、子供の頃は飽きっぽい性格だった・・・

前回、絵画について話したが、

大好きな絵画でさえ、本腰を入れて描くことは稀だった・・・

中学のスケッチ大会では、3年間一度も完成には至らず・・・

朝9時から夕方4時までのスケッチ時間も、夕方3時まで遊び、

終了時間ギリギリで、さっと描いて川に落とす・・・

私:「先生、川に落としてしまって・・・」

私:「拾ったんですけど、乾かなくって・・・」

ってな感じでやり過ごす。

そんな私も高校になると、少しは真面目に取り組むようになった。

美術の授業も、意欲さえ湧けば才能は開花。

これも集中力が持続できればの話なのだが・・・

そんな、『テキトー』がモットーだった頃では、珍しく完成させた絵がコチラ。

0001 高2の頃、美術の時間に描いた『野うさぎ』の絵。

ちなみに私、絵の具はポスターカラーしか持っていなかった・・・

その割には、いい色出せたなと・・・

案の定、仕上げの背景あたりで集中力はゼロに・・・

結果的に後悔を残した作品となった・・・

今でも、見るたびに塗り直そうかと考える・・・

しかし、これも反省とすべく、そのままにしていようと決意する。

今では、すっかり大人になって、そんな欠点もスッカリさ♪

| | コメント (2)

2006.09.22

画家になりたくて・・・

『画家という選択肢』

私には、好きな画家が二人いる。

一人は、『アンディー・ウォーホール』

もう一人は、『ノーマン・ロックウェル』だ。

どちらもアメリカを代表する素晴らしい画家である。

誰もが一度は目にしたことがあるほどに、個性的で馴染み深い作品を描く。

1108312704 ←『アンディー・ウォーホール』の作品。

ポップアート界の巨匠と呼ばれ、強烈な個性を放つ。

その色彩感覚は、イマイチ分かりえないのだが、

彼の絵は、中学の頃から気になる存在であった。

Runaway ←『ノーマン・ロックウェル』の作品。

アメリカの生活を描いた彼の作品は、とてもユーモラスで、

ほのぼとした気持ちを与えてくれる。

写真のような描写も素晴らしく、私が最も憧れる画家である。

私も幼少の頃から、絵には自信があった。

それで、高校時に国立の教育大学(体育教師になりたかった)に落ちた時点で、

絵画留学でフランスに行くことを決意。

母親に相談すると、「それも、いいんじゃない」と簡単に承諾・・・

いざ、渡仏という矢先に、私立大学の合格通知が届いた為にこれを断念する。

「これも運命かな」と思い、大学へ進学・・・

そして、現在を有意義に闊歩する。

あぁ、芸術の秋・・・

たまには絵でも描いてみるかぁ・・・

| | コメント (4)