« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008.02.23

早いもので・・・

『残り1週間』

『キャメルロード』退職まで、残り1週間となりました。

最終は、29日金曜日です。

さあ、最後まで駆け抜けよう・・・

ゴールの先にニートがあるから・・・

| | コメント (4)

2008.02.19

圧力鍋

『圧力』

当店の圧力鍋は、壊れている・・・

便利な鍋でも、壊れてしまえば意味がない・・・

仕方がないので、普通の鍋で煮込んでみる・・・

う~ん、時間だけが過ぎていく・・・

そうだ!

この鍋を圧力鍋に変えてしまおう♪

要は、鍋に圧力をかければいいのだから・・・

「オイ!コラァ!ワレなめてんのか!ああ?」

鍋に向かって吠える・・・

| | コメント (5)

2008.02.12

続・結婚式へ

『最も印象深かったのは・・・』

結婚式も終わり、最後に集合写真の撮影会。

撮影が終わると、人の波は揃って動く。

088

←人波の中、私はコレにつまずいた。

(お前が一番危ないわ!)

| | コメント (2)

2008.02.11

結婚式へ

『御祝儀』

先ほど帰宅・・・

ああ、もう5時だ・・・

明日、朝は10時から同業者でもある先輩の結婚式。

朝、早いわ・・・

同業者なら察しろよ・・・

しかも、9時前には出ないと間に合わない場所なんて・・・

「祝儀なんか絶対に包まんからな!」

と、言ってやったら・・・

「しっかり包め!」

と、言い返された・・・

フン!

こっちだって、ちゃんと用意してんだよ・・・

087

| | コメント (4)

2008.02.09

ご報告

『感謝を添えて・・・』

まことに急ではありますが・・・

今月2月をもちまして、約8年間お世話になった『 CAMEL ROAD 』を退職致します。

定年であります。

それは、冗談であります。

しかし、多くの方々の支えの基に、今の私が存在します。

本当にありがとうございました。

今後は、自分の夢でもあった『海賊王』を目指して頑張ります。

3月中旬までは、海賊として、また良きニートとして生きていきます。

『千里の道もニートから』の精神で、素敵な春を迎えられたらと思います。

※ブログ『酒と共に去りぬ』は、引き続き『海と共に去りぬ』でお楽しみ下さい。

249_2

| | コメント (10)

2008.02.07

温めますか?

『オニギリ』

コンビニで、『生たらこ』のオニギリを買った。

店員:「こちら、温めますか?」

私:「アホか!温めたら、『生たらこ』じゃなくなるだろうが!」←(心の声)

私:「いえ、いいです」←(実際の声)

自分、大人っすから・・・

| | コメント (8)

2008.02.04

世にも奇妙な・・・

『ポケットの中・・・』

あなたの服にもポケットがありますか・・・

果たして、そのポケットは本当に安全と言えるのでしょうか・・・

次々と起こる奇妙な出来事・・・

それは、あなたの知らないところで静かに始まっているのです・・・

1月某日――

アルバイトのKは、いつものように仕事に入って来た。

K:「おはようございます!」

私:「おう、おはよう」

厨房で洗い物をしていた私の後ろで、Kはいつものように着替えていた。

私に背を向け、上着をハンガーに掛ける。

(コイツ!先輩に尻を向けるとは!)

私は、とっさに持っていた『しゃもじ』を、彼の後ろの右ポケットに入れてやった。

するとどうだろう・・・

彼は、全く気付かない。

(コイツは、とんだ大物だぜ・・・)

しかも、その上からサロン(前掛け)まで巻きやがる・・・

(実におもしろい・・・)

私は、あえて彼と『しゃもじ』の関係を見守ることにした。

しゃがみ込んでの作業、『しゃもじ』は存在感を大きくアピール。

ホールでの接客、歩く時も『しゃもじ』は彼の傍に居た・・・

二人は、いつでも一緒だった・・・

もうそこには、身分や階級の違いなどは存在しなかった。

別れの時・・・

非情にも、フードのオーダーが二人の仲を引き裂いた・・・

『しゃもじ』がポケット入ってから3時間後のことだった・・・

『しゃもじ』を探す彼へ。

私:「何探してんの?」

K:「しゃもじっす」

私:「お前の後ろの右ポッケだな」

K:「ふふっ♪」

(コイツ!信じてねぇし!)

私:「お前の後ろの右ポッケじゃ!」

ここまできて、ようやくポケットを探るK・・・

出てきた『しゃもじ』に驚きを隠せない・・・

K:「えっ?何でポケットに入ってるんですか?」

「イリュージョンだ!」

私:「つうか、コレ面白いからブログに載せるわ♪」

私:「お前、もう1回だけ『しゃもじ』をポッケに入れて♪」

086 私:「写メ撮るからさ♪」

その数分後、サロンのポケットに入れることに成功。

彼は、そのことに気付くことはなかった――

あなたの服にもポケットがありますか?

果たして、そのポケットは本当に安全と言えるのでしょうか?

そう、次はあなたのポケットかもしれない・・・

| | コメント (9)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »