« 熊本へ参る | トップページ | プーさん »

2007.05.23

ベネンシアドール

『シェリー&ベネンシアドール・セミナー』

029_1 5月21日(月)、熊本ニュー・オータニで行われたセミナーに参加。

朝から、電車と新幹線を乗り継ぎ熊本へ。

車でも良かったのだが、どうも寝そうだと・・・

ここは公共機関に身を預け、殿様気分で熊本入り。

改札を抜け、強い日差しを避けるように会場へ。

026

九州各地から、セミナーに集まったのは40人くらいだろうか。

皆、あまり興味がないのだろうか・・・

会場入り口の文字を見ると、『試験対策セミナー』と書いてある。

えっ・・・

試験対策って何?

私はただ、シェリーとベネンシアドールに興味があっただけであって・・・

試験なんて、全く考えておりませんのよ・・・

しかも、「公式称号資格認定試験の申し込み締め切りは、27日です」と・・・

6日後じゃん!

急だな、おい・・・

028 しかしな、金や睡眠を削ってまで参加したんだ。

何かしら得て帰らねば、損ってもんだ。

持参した栄養ドリンクを一気に飲み干し、酒の鬼と化す。

常々、ワインを好んで口にしない私・・・

それ故、ワインの知識はそれほどない・・・

これは、勉強できるいい機会ではなかろうか。

テイスティングしてみると、シェリーもなかなか悪くない。

と考えると、ワインも結構いいもんだな♪

027

もっと勉強してみるか。

←最後に、ベネンシアドールの実演を拝見。

ちなみに『ベネンシア』とは、

スペイン語の『アベネンシア(合意)』から。

シェリーを売買する上での『合意』を由来とし、

シェリー樽から、シェリーを引き出す職業者を『ベネンシアドール』と言う。

高い位置から、グラスに向けてシェリーを注ぐ。

参加者もベネンシアドールを体験するも、初心者には少々難しい・・・

私も、調子に乗ってスーツを濡らしてしまった・・・

多少の悔しさと、大いなる好奇心を得た私は、試験申し込みを心に決意。

試験は、1次試験(筆記)、二次試験(筆記、テイスティング、実技)と難関が続くようだ。

しかし、今やれるのであれば、先に延ばす理由など見当たらない。

こうなったら、やるしかねぇ!

とは思うものの、日本での公式称号認定者は、約60人。

昨年の公式称号認定者は、たった12人・・・

狭き門である事に変わりはないが、挑戦する事に意義があるのではなかろうか。

(言い訳)

|

« 熊本へ参る | トップページ | プーさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 熊本へ参る | トップページ | プーさん »