« こんな日は・・・ | トップページ | 毎日が・・・ »

2007.05.02

はなはだ遺憾だ・・・

『サービス業とは・・・』

それは、一握りの人間によるもの。

たかがバイト、されどバイト。

しかし、全ては店の顔――

スーパーやコンビニには、愛想の悪い店員が必ずいる。

特にコンビニは、最低だ。

深夜になれば尚更だ。

店内に入り、目があっても、「いらっしゃいませ」の一言が聞こえない・・・

そんな奴は、決まってレジでも無言を貫く。

当然、「いらっしゃいませ」が言えるはずもなく・・・

最後に一言、小声で呟く。

「620円・・・」

おい、独り言か?

お釣りの渡し方至っては・・・

高い位置から手のひらに向けて小銭を投下。

おい、賽銭箱か?

勿論、「ありがとうございます」など言えるはずもない。

同業種として、しみじみとした苛立ちと寂しさが、ミルフィーユのように折り重なる。

「やる気あんのか、コラァ!」

などと励ましの言葉を掛けて帰ることも少なくない。

「店長を呼べ」と言いたい時もある。

後日、店長の接客が、バイトと同じだった時には、呆れて鼻で笑ってしまった。

まあまあ、こんなもんだろう・・・

この店長にして、ここのバイトあり。

所詮は、上の教育による成れの果て。

求め過ぎた私が悪い・・・

意識が低いわりに、プライドだけは高いとみえる・・・

「君、サービス業とは何かね?」

もはや、その質問を問うことさえ彼等には無意味に思える。

それなら、いっそセルフにしてしまえ!なんてことも思ったり・・・

それでも人間は人間を求めてしまうのだ。

大切なのは、人と人との繋がりであり、おでんのような温もりなのである・・・

ダイヤのように、人もまた人でしか磨くことはできないだろう。

我々ダイヤの原石は、お客様の研磨により結晶へと成長する。

その結晶を、サービスとしてお客様へ還元するものと心得る。

そう、日々勉強、日々努力。

「本日もご来店頂き、誠にありがとうございました」

|

« こんな日は・・・ | トップページ | 毎日が・・・ »

コメント

わかやまぁさんへ・・・
人を育てる事が、一番の困難であり、一番の成長(己の)だと思います。
人によって指導法を変える事も必要でしょう。
その際、人を見る力が培われるでしょう。
使われる(支持される)立場から、使う(支持する)立場に立たされた時、初めて己の真価が問われるものだと思います。
下の者に支持を出す以上は、自分はそれを出来ないといけない。
自分達が下を見ている以上に、自分達は下から見られているという意識を持って精進しなければなと思います。

投稿: ヨッシ→わかやまぁさん | 2007.05.06 08:08

mikiさんへ・・・
「ありがとう」の言葉って大事ですよねぇ♪
簡単でシンプルな言葉ほど、使い古しで難しい・・・
簡単な言葉なのに、恥ずかしかったり、照れくさかったりね・・・
心に響く言葉に仕上げたいですね、「ありがとう」って☆

投稿: ヨッシ→mikiさん | 2007.05.06 07:54

感謝の気持ちを言葉や態度にして表せないならどうして接客業を選んだのか?と思ってしまいます。
上の教育によってかわってくるものもあれば、その本人以外はどうしようもないようなこともあると思いますし、教える側というのは本当に大変なんだろうと思います。
育った環境も違えば、何もかもが違ってくるし、もちろん意識の持ち方にしてもやはり個人差が大きく見られるし、でも押し付けの気持ちを持ってはいけないし…
個人の良さを引き出し生かすということは本当に難しいことですね。

投稿: わかやまぁ | 2007.05.05 04:08

 コンビニの店員さんにはイライラすることが多いですよね( ̄ε=‥=з ̄)  私は前の会社に就職した時、一番最初に接客について教わりました。そのときは、「ありがとうございました」の言い方とお辞儀の仕方からでした。 サービス業に関わらず、自分たちの生活、人との付き合いの中で最も基本となってくるのは、この“感謝すること”のような気がします・・・  最近、母にありがとうが言えていない気がします。 もうすぐ母の日ですし、言ってみようかな・・・ありがとうって**(/▽/)**

投稿: miki | 2007.05.04 20:51

Rさんへ・・・
『十人十色』の世の中で、人材育成も多種多様。
人に合わせて、指導を変える必要はありますよねぇ。
人のカラーを見極める・・・
カラーに合わせて、教育色を考える・・・
それはそれは、根気よく。
どんなアホでも、見捨てない。
それでも駄目なら・・・
「黒く塗れ!」

投稿: ヨッシ→Rさん | 2007.05.03 13:30

あつけいRさんへ・・・
『人の振り見て・・・』って感じです。
それもまた、一つの勉強として捕らえています。
自分が、嫌だと感じる接客は、絶対にしないように心掛けたり・・・
我々、お客様に教えられることが多い仕事ですしねぇ♪

投稿: ヨッシ→あつけいRさん | 2007.05.03 13:14

人を育てるって、ホントに難しいよね?
確かに私も削られてる気分だもん。どうすれば思いが伝わるのか模索中だよ。
お互いの価値観や仕事に対する姿勢とか、距離があるともう埋められない。埋めたくない。これが、ジェネレーションギャップ?
年甲斐もなくムキになるからいけないのかな?
日々、勉強と反省ですよ。

投稿: R | 2007.05.02 22:53

私もやはりサービス業ですので、他の接客はとても気になります。
気が付くと、ついついチェックしてしまう分、自分も気を付けようと
思う次第ですが
>ダイヤのように、人もまた人でしか磨くことはできないだろう。
これって、とっても素敵な言葉ですね。
見習いたいです^^

投稿: あつけいR | 2007.05.02 17:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こんな日は・・・ | トップページ | 毎日が・・・ »