« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007.05.29

カクテルのススメ 6

『モヒート』

4117257577空をツバメが飛交する・・・

街に梅雨が訪れる・・・

雨季を抜けて夏が来る・・・

暑い日々が、また始まる・・・

『モヒート』

キューバのハバナ発祥のラムベースカクテル。

砂糖とミントの葉をグラスで潰して、ラム、ライムを加え、

クラッシュドアイスを詰めてソーダで割る。

文豪『アーネスト・ヘミングウェイ』は、フローズンダイキリ同様に、

このカクテルを愛飲した。

「我がダイキリはフロリディータで、我がモヒートはボデギータで」

という言葉は有名だ。

夏の暑い日、ミント香る爽やかなカクテル『モヒート』でハバナにトリップしてみては?

| | コメント (4)

2007.05.28

俺を中心に・・・

『それでも地球は回っている』

2249381353以前、知人の女性から相談を受けた。

女性:「彼氏をお父さんにに会わせたいんだけど・・・」

私:「何か問題でも?」

女性:「それがねぇ・・・」

女性:「ウチのお父さん会社の社長で、すごく恐い人なの・・・」

私:「じゃあ、試しに俺が会ってみようか?」

女性:「本当!でも、かなり恐いから気を付けてね・・・」

私:「ふ~ん、『地球は俺を中心に回っている』って感じ?」

女性:「ううん、『地球は俺が回している』って感じ・・・」

神様・・・

俺、次のシャトルで地球を離れます・・・

| | コメント (4)

2007.05.26

プーさん

『股間』

035

甥っ子がくれた『プーさん』のぬいぐるみ。

これがまた、かなりの大きさ・・・

股間のタバコが、そのサイズを物語る・・・

全く、用途に悩む大きさだ・・・

さあ、どうしよう・・・

「う~ん・・・」

考えながら寝転んでみる・・・

その瞬間、『プーさん』の股間に頭が触れた・・・

こ、これだ・・・

それ以来、『プーさん』の股間は私の枕となった・・・

| | コメント (6)

2007.05.23

ベネンシアドール

『シェリー&ベネンシアドール・セミナー』

029_1 5月21日(月)、熊本ニュー・オータニで行われたセミナーに参加。

朝から、電車と新幹線を乗り継ぎ熊本へ。

車でも良かったのだが、どうも寝そうだと・・・

ここは公共機関に身を預け、殿様気分で熊本入り。

改札を抜け、強い日差しを避けるように会場へ。

026

九州各地から、セミナーに集まったのは40人くらいだろうか。

皆、あまり興味がないのだろうか・・・

会場入り口の文字を見ると、『試験対策セミナー』と書いてある。

えっ・・・

試験対策って何?

私はただ、シェリーとベネンシアドールに興味があっただけであって・・・

試験なんて、全く考えておりませんのよ・・・

しかも、「公式称号資格認定試験の申し込み締め切りは、27日です」と・・・

6日後じゃん!

急だな、おい・・・

028 しかしな、金や睡眠を削ってまで参加したんだ。

何かしら得て帰らねば、損ってもんだ。

持参した栄養ドリンクを一気に飲み干し、酒の鬼と化す。

常々、ワインを好んで口にしない私・・・

それ故、ワインの知識はそれほどない・・・

これは、勉強できるいい機会ではなかろうか。

テイスティングしてみると、シェリーもなかなか悪くない。

と考えると、ワインも結構いいもんだな♪

027

もっと勉強してみるか。

←最後に、ベネンシアドールの実演を拝見。

ちなみに『ベネンシア』とは、

スペイン語の『アベネンシア(合意)』から。

シェリーを売買する上での『合意』を由来とし、

シェリー樽から、シェリーを引き出す職業者を『ベネンシアドール』と言う。

高い位置から、グラスに向けてシェリーを注ぐ。

参加者もベネンシアドールを体験するも、初心者には少々難しい・・・

私も、調子に乗ってスーツを濡らしてしまった・・・

多少の悔しさと、大いなる好奇心を得た私は、試験申し込みを心に決意。

試験は、1次試験(筆記)、二次試験(筆記、テイスティング、実技)と難関が続くようだ。

しかし、今やれるのであれば、先に延ばす理由など見当たらない。

こうなったら、やるしかねぇ!

とは思うものの、日本での公式称号認定者は、約60人。

昨年の公式称号認定者は、たった12人・・・

狭き門である事に変わりはないが、挑戦する事に意義があるのではなかろうか。

(言い訳)

| | コメント (0)

2007.05.21

熊本へ参る

『セミナー』

先程、帰宅。

日曜日は、早終い(1時)にも関わらず、こんな時間・・・

明日(月曜日)は、熊本にて『ベネンシアドール』のセミナーに参加。

朝から、新幹線で熊本へ。

鹿児島支部からは、私を含めて2人だけ・・・

先を考えると、勉強しておいた方がいいだろうと参加を決意。

明日もハードな一日になりそうだ・・・

ま、生きてる感はあるな・・・

『ベネンシアドール』

詳細は、また後日・・・

そろそろ寝なきゃ・・・

| | コメント (1)

2007.05.20

高級リキュール

『アンバー』

070_1あのシングルモルトで有名な『マッカラン』が、

昨年、蒸留所としては初めてのオフィシャルリキュールを発売。

アメリカの3都市のみで発売された完全数量限定品。

『マッカラン』をベースに、メープルとクルミのフレーバー。

その名も、『アンバー(琥珀)』

この稀少なリキュールを、ネットにて入手。

以前、バーテンダー協会で試飲済みのこのリキュール。

メープルフレーバーという濃厚なイメージを持ちながら、スッキリとしたテイストは、

上品な大人のリキュールと言えよう。

個人的に、『アンバー』のアイスクリーム掛けは、絶品である。

機会があれば、皆様にも是非味わって頂きたい一品である。

| | コメント (4)

2007.05.18

冷奴には醤油だろうが!

『思い出ランチ』

本日は、バーテンダー協会。

グラスを買い足す用事を兼ねて、早めに家を出る。

用事を済ませ、昼食をとろうと近くを散策。

おっ!あの店は・・・

それは、中華メインの飲食店。

忘れ得ぬ、思い出の飲食店・・・

皆さん、思い出ランチの時間です。

ランチで、冷奴が出てきたら、貴方は一体何をかけますか?

私は、迷わず醤油をかけます。

そう、醤油です・・・

これは、人間が心理の型にはまる様子を記録した哀しみのドキュメントです――

この店のランチは、全ての料理が1トレーに収められて提供される。

小鉢、サラダ、スープ、ライス、そしてメイン・・・

今回は、この『小鉢』を題材にクローズアップしていきたいと思います。

その小鉢は、上品な和食器を用いており、中には白く光る『冷奴』が入っていた。

流れ的にも、先に箸をつけるならば、小鉢かサラダがセオリーだろう。

私は、ターゲットを『冷奴』に絞り、醤油をかけて口へと運ぶ・・・

その滑らかな舌触り・・・

つるりとした食感・・・

口の中に広がる柔らかな甘み・・・

(ああ、何という上品な味わい・・・)

「って、コレ杏仁豆腐じゃねーか!」

デザートまで一緒に乗せてんじゃねぇぞ・・・

思いっきり醤油かけたじゃねぇか・・・

こんな上品な和食器に入れやがって・・・

豆腐だと思うじゃねーか・・・

う~ん、甘辛い・・・

| | コメント (2)

2007.05.14

AM2:30

『一日の終わり』

長かった日曜日も、もう終わり・・・

早終いの日曜日(AM1:00まで)を、途方もなく長く感じた・・・

すんなり定時で閉めれることは稀である・・・

案の定、今日もこんな時間・・・

帰って、ダラダラしながらゴロゴロしよう・・・

| | コメント (4)

2007.05.13

PM1:45

『出勤』

Photo_9さあ、出勤だ・・・

ここからは、お前に依存・・・

1500円の力を見せてみろ・・・

| | コメント (4)

PM12:00

『フットサル』

只今、フットサルの試合から戻りました。

結果は、7-2の圧勝。

私、本日2得点。

少しは、動けるようになってきたかな・・・

さあ、あと2時間後には、出勤だ・・・

| | コメント (0)

AM7:00

『日曜日の始まり』

さてさて、ハードな日曜日が始まりました。

先刻、仕事より帰宅しました。

7時30分過ぎには、フットサルの試合会場へと向かいます。

今、現在が絶好調ではなかろうかと・・・

そんな気分の朝7時・・・

| | コメント (0)

2007.05.12

明日の予定

『眠れぬ』

本日(土曜)の営業終了予定は、定時で5時。

その後は、お客様次第となるわけだが・・・

翌、日曜日は、朝9時よりフットサルの試合・・・

余裕を持って、7時30分には家を出よう・・・

その後、昼の3時から結婚式の二次会・・・

余裕を持って、1時には店に行こう・・・

その後は、通常営業・・・

ミーティング・・・

さあ、いつ寝よう・・・

| | コメント (6)

2007.05.11

魔王の思い出・・・

『魔王と異端児』

12連勤を経た私は、13日振りの休日を闊歩する。

日中の気温は、初夏の如く、早い夏の到来を感じさせる。

私は、この連休を利用して、熊本へと向かった。

実のところ、大きな目的と言えば、実家への帰省であったが、

それ以上に、ひとつ大事な予定を兼ねていた。

小学校からの友人が故郷で居酒屋を始めた。

そのお祝いを兼ねて、私は帰省を計画。

手土産を持参で、その日を待った。

友人に会うのは、優に6年振り・・・

その後、連絡さえとっていなかった。

店の話は、知人を介して知り得たものだった。

大学進学で福岡に行った友人は、決して故郷に帰るような人間ではなかった。

むしろ中学、高校と、都会的な環境に憧れを抱く性分だったと記憶する。

そんな友人が帰郷した・・・

にわかに信じ難い話ではあったが、その話に間違いはないようだ。

とすれば、私と同じ異端児と言うことになる。

進学校を経て、大学へと進み、卒業後に飲食の世界へ・・・

同じ高校の仲間達は、順当にエスカレーターを上っていく・・・

我々、異端児は手作りの階段を一歩一歩踏みしめる・・・

上っては、下り、上っては、下り・・・

それが、生きる証、生きる糧。

友人よ、我々の泥臭い生き様に乾杯だ!

004

手土産に『魔王』をくれてやる。

分かるだろう?

中学時代に殴られたよな・・・

あの体育教師・・・

あだ名は・・・

魔王・・・

| | コメント (4)

2007.05.07

拝啓・・・

『拝啓、国民の皆様

ああ、長かった・・・

ようやく終わった大型連休・・・

シンデレラ・タイムも、もう終わり・・・

国民の皆様、現実の始まりです。

「ホラホラお父さん、キャバ嬢の名刺は財布から出して」

皆様、いい連休を過ごされたことと思います。

025逆に私は、ホッと一息・・・

つかの間のコーヒータイムは、唯一の幸せ。

ここは、小さな楽園や~♪

| | コメント (4)

2007.05.05

女性国民の義務

『憲法改正』

TVを見ていた。

ブラウン管には、『モーニング娘。』

メンバーを見ても誰が誰だか、皆目見当もつかない・・・

新メンバーだの、卒業生だの・・・

もう、オジサンにはさっぱりだぜ・・・

一体、今は何期生っていうのかね?

あんなに繰り返してたら、日本人女性の大半が『モーニング娘。』になるんじゃねぇ?

いっそ、義務にしてしまえ・・・

『憲法改正!女性国民の義務は4大に!』みたいな・・・

1、勤労

2、納税

3、教育

4、モーニング娘。

(4により、1,2,3を兼ねる)

主婦A:「奥さんの所、娘さん、おいくつになられたの?」

主婦B:「来年、モーニング娘。ですのよ」

主婦A:「早いものねぇ、私達が162期生だった頃が懐かしいわねぇ~」

主婦A:「何でも、Cさん所の娘さん、今度センターを勤めるらしわよ」

主婦B:「えーっ!5624人のセンターを勤めるってスゴイじゃない!」

主婦A:「だって、あそこの奥さん、中澤先輩と遠い親戚らしいのよ~」

主婦A・B:「やっぱり、コネクションよねぇ~」

以上・・・

| | コメント (2)

2007.05.04

毎日が・・・

『終盤戦』

007G・Wも終盤に差し掛かり、店は連日破竹の勢い。

この1週間は、ほぼ厨房で過ごす。

カウンターに立てるのも深夜の2時くらいから・・・

今日あたりは、カウンターからスタートしてみるか・・・

さあ、個人的な12連勤も折り返し、残り5日。

店の勢いと共に駆け抜けてみるかな・・・

| | コメント (4)

2007.05.02

はなはだ遺憾だ・・・

『サービス業とは・・・』

それは、一握りの人間によるもの。

たかがバイト、されどバイト。

しかし、全ては店の顔――

スーパーやコンビニには、愛想の悪い店員が必ずいる。

特にコンビニは、最低だ。

深夜になれば尚更だ。

店内に入り、目があっても、「いらっしゃいませ」の一言が聞こえない・・・

そんな奴は、決まってレジでも無言を貫く。

当然、「いらっしゃいませ」が言えるはずもなく・・・

最後に一言、小声で呟く。

「620円・・・」

おい、独り言か?

お釣りの渡し方至っては・・・

高い位置から手のひらに向けて小銭を投下。

おい、賽銭箱か?

勿論、「ありがとうございます」など言えるはずもない。

同業種として、しみじみとした苛立ちと寂しさが、ミルフィーユのように折り重なる。

「やる気あんのか、コラァ!」

などと励ましの言葉を掛けて帰ることも少なくない。

「店長を呼べ」と言いたい時もある。

後日、店長の接客が、バイトと同じだった時には、呆れて鼻で笑ってしまった。

まあまあ、こんなもんだろう・・・

この店長にして、ここのバイトあり。

所詮は、上の教育による成れの果て。

求め過ぎた私が悪い・・・

意識が低いわりに、プライドだけは高いとみえる・・・

「君、サービス業とは何かね?」

もはや、その質問を問うことさえ彼等には無意味に思える。

それなら、いっそセルフにしてしまえ!なんてことも思ったり・・・

それでも人間は人間を求めてしまうのだ。

大切なのは、人と人との繋がりであり、おでんのような温もりなのである・・・

ダイヤのように、人もまた人でしか磨くことはできないだろう。

我々ダイヤの原石は、お客様の研磨により結晶へと成長する。

その結晶を、サービスとしてお客様へ還元するものと心得る。

そう、日々勉強、日々努力。

「本日もご来店頂き、誠にありがとうございました」

| | コメント (8)

2007.05.01

こんな日は・・・

『小春日和』

昨夜の豪雨がうそのようだ。

晴れた空・・・

暖かな風・・・

穏やかな午後・・・

何て素敵な昼下がり。

じっとしているのはもったいない。

よし、昼寝でもしよう・・・

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »