« 果たし状 | トップページ | 懲りない男・・・ »

2006.12.07

試行錯誤

『カクテル完成までの道』

2007_005 大会出品作『Poisson rouge (ポワソン・ルージュ)』

フランス語で『金魚』の意。

デコレーションに人参、大根、タイム(ハーブ)を使用。

金魚の型抜きなど存在しないので・・・

もちろん、包丁一本で人参を金魚型に細工。

尾ビレの方は、真ん中からスライスして二股に、より尾ビレらしく。

これまた、包丁一本で大根を球状に細工。(ビー玉をイメージ)

実際は食紅でラインを入れるはずだった・・・

しかし当日、自宅に食紅を忘れるというアクシデント・・・

当然、ラインは入らなかった・・・

2007 ←大会前の試作では、こうだった・・・

でも、仕方ない・・・

運も実力の内ってな・・・

最後に、水草に見立ててタイムを飾る。

ディルと悩んだのだが、結局芯の強いタイムでいくことに。

そして、肝心のテイストは・・・

デコレーションが先行したので、カクテルが後を追う形となった。

夏をイメージさせる味・・・

やはり、爽やかなテイストがいいのだろうか・・・

そうだなぁ、『シークヮーサーリキュール』で夏っぽさが出せないだろうか・・・

シークヮーサーをベースに試飲を繰り返し、何品か作り上げてみる。

う~ん、酸味だけが後を引いて、味に特徴がないなぁ・・・

そして、『バナナリキュール』を混ぜてみる・・・

おっ!

こ、これは・・・

ラムネっぽい・・・

何と、『バナナ』と『シークヮーサー』がラムネ風味を生んだようだ・・・

よし!これでいこう!

夏のイメージにピッタリだ!

そうだな、『夏』、『金魚』、『ラムネ』、『爽やかさ』・・・

色は、青で決まりだな。

残るは、ベースだな・・・

最近の傾向から、ドライに仕上げるジンでいこうか・・・

いや、せっかく決めた『ラムネ』の味を崩したくはない・・・

となれば、無味、無臭・・・

ウォッカしかない!

しかも、始めからシトラスのフレーバーを混ぜ込んだウォッカにしよう。

ベースのスピリッツは、『シトラスフレーバードウォッカ』に決めた。

最後は、味を締めるためにフレッシュレモンで調整。

最終的に、『バナナ』と『シークヮーサー』の分量を入れ替えてレシピは完成した。

『 Poisson rouge (ポワソン・ルージュ)~金魚~ 』

・シトラスフレーバードウォッカ   20ml

・バナナリキュール           20ml

・シークヮーサーリキュール      10ml

・ブルーキュラソー             5ml

・フレッシュレモンジュース         5ml 

《製作意図》

水面(みなも)を揺らす可憐な姿に、人は夏を重ね見る。

どこか懐かしいテイストが、貴方を少年時代へと誘(いざな)います。

1635122539

はぁ・・・

でも、負けたのさ・・・

|

« 果たし状 | トップページ | 懲りない男・・・ »

コメント

英美さんへ・・・
大会ってやつは、カクテルの出来の他に、
製作するまでの手順(器具の扱い方)、いわゆる見た目の美しさ、
ってのも採点基準に入るんですねぇ・・・
だから、日々その動きも練習しておかなきゃならないんです・・・
しかし、営業中と大会用の動きは、また違う訳でしてぇ・・・
大会の様子など見てもらえたら分かるんですけどね(笑)
結局、いいカクテルを殺してしまったのも己の未熟さ故なのです・・・

投稿: ヨッシー→英美さん | 2006.12.08 12:59

かなり素敵なのに・・・!!
1番はどんな感じのものだったのでしょう?
ソレがわかれば、何か糸口があるかも・・・。

投稿: 英美@バニー.com | 2006.12.08 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 果たし状 | トップページ | 懲りない男・・・ »