« イメージトレーニング | トップページ | 無駄な部分・・・ »

2006.11.29

ルパ~ン三世

『ダイヤルロック』

先日、友人の産後を見舞いに産婦人科へ。

高級感溢れる産婦人科の一室(二人部屋)には、ダイヤルロックの引き出しがあった。

2007_001(友人は、 二人部屋に一人で入院中)

うぉー!すげぇー!

空いている方の引き出しを見て思わず感動・・・

そんな時、私の中の好奇心が動き出す・・・

LOCK→OPENへとツマミを回してみる・・・

「ガチャッ!」

4桁のダイヤルが、全て『0』になりロックがかかったようだ。

「へぇ~、なるほどね」

さぁて、元に戻しておくか・・・

「ガチャ、ガチャ・・・」

・・・?

あれ?回らない・・・

友人:「それ、回す前の番号と同じ番号じゃないと開かないよ」

私:「えっ・・・」

お、覚えていないじゃあ~りませんか♪

こうなりゃ、『平成のルパン』の実力発揮といこうじゃないか!

とりあえず、タイトルコールから↓

http://intermezzo.cool.ne.jp/report/Lupin/R3_temp.swf?inputStr=%88%F8%82%AB%8Fo%82%B5%82%CC%88%C3%8D%86%82%F0%89%F0%82%AB%96%BE%82%A9%82%B9%81I

う~ん、0~9までの数字が4桁・・・

これは、厳しい・・・

ダイヤルを回し続けること数十分・・・

一向に開く気配もない・・・

そんな中、ナースが新しい患者を連れて入室してきた。

ナース:「今日から、同室されますので宜しくお願いします」

まずい・・・

まだ、ロックを解除していない・・・

ナースは、淡々と患者に説明をして回る。

そして、例の引き出しへと・・・

ナース:「こちらは、貴重品を入れる引き出しですねぇ」

「ガッ!」

ナース:「あれっ?誰かロックしてる・・・」

その後、その患者は別室に回された・・・

私のせいなのだろうか・・・

こうしちゃ、いられねぇ!急がねば!

かつて、あみ出した独自のダイヤルロック解除法を実施。

その後、寡黙に作業すること数十分・・・2007_002

「ガチャッ!」

ダイヤルは、全て『0』になり、ツマミが回った・・・

込み上げる、喜びと感動・・・

私は、見事ダイヤルロックに打ち勝った・・・

『平成のルパン』、ここに健在・・・

|

« イメージトレーニング | トップページ | 無駄な部分・・・ »

コメント

mieさんへ・・・
有名なバスケの先生が言ってました・・・
「諦めたら、そこで試合終了だよ」(スラムダンクより)
僅かな可能性がある限り、何事も諦めちゃダメなんだよ♪

投稿: ヨッシー→mieさん | 2006.12.05 05:20

ヨッシー,お見舞いありがとうね。
あの日のヨッシーの頑張り,素晴らしかったよ!!
根性見ました!
あの日,ヨッシー帰れないと思ったもんね。
というか,「諦めたら負け!」というフレーズが忘れられません・・・
お疲れ様(^^)

投稿: mie | 2006.12.03 17:28

ちゃんたさんへ・・・
いえ、確実なる根拠を元にですねぇ・・・
自転車などのダイヤルロック式の鍵はですねぇ、
意外と盲点というか、弱点がありまして・・・
引っ張りながら(押しながら)ダイヤルを回していけば、
しっくりくる空間が指先で感じ取れるんですねぇ。
それを、全ダイヤルで合わせていくんですねぇ。
って、こんなに力説してしまいました・・・

投稿: ヨッシー→ちゃんたさん | 2006.11.30 13:58

二タッチさんへ・・・
鍵を首から下げて出ることをオススメしますよ♪

投稿: ヨッシー→二タッチさん | 2006.11.30 13:45

その解除法って・・・
勘か?

投稿: ちゃんた | 2006.11.29 23:21

流石だ!ルパン君!

しかし、良かったね(^^)

そのまま、開かない可能性も・・・?

では、俺が酔っ払ってカギ落としたら、ヨロシク(^○^)/

投稿: ニタッチ | 2006.11.29 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イメージトレーニング | トップページ | 無駄な部分・・・ »