« 老後と不良・・・ | トップページ | 昼下がり・・・ »

2006.10.26

コンペの練習・吐き気添え・・・

『カクテル・コンペティション』

今年のカクテル・コンペティションを12月3日(日)に控え、精進する毎日。

本日は午後1時より、出場選手による練習会。

フルーツカッティングを中心に指導を受ける。

(私は、ジュニア・オープンの出場なのでフルーツカッティングは無し)

創作カクテルのみの出場となる。

午後3時までフルーツの指導があり、それから創作カクテルの練習となったが、

3時に予定が入っていた私は、早めに切り上げるため、先に試技をさせてもらう・・・

しかし、今大会のレシピさえも決まっていない私、調合する分量さえもままならず、

案の定、5杯調製に至らず・・・

まあ、練習故に笑って乗り切る♪(本番では、真剣っす)

この時期、私は店の営業後に練習して帰る事が多くなるのだが、

誰もいない店内で一人、こだまするは氷とシェーカーの響く音・・・

しかし、この状況下が、私にとっては一番の緊張感をもたらすのだ・・・

それはもう、『吐き気』がするほどに・・・

本番では、不思議と緊張しないのだ。

「練習を試合のつもりでやれ、試合では、いつものようにやればいい」

中学の時、監督はこう言った・・・

私は、今でもそれを忘れない。

私にとって、ここ一番の原動力とは、己に必須と残してきた、とても大事な言葉たち・・・

そんな言葉を心で抱いて、シェーカーは今宵も延々鳴り響く・・・

静寂の中、後に残るは、氷の音色と『吐き気』だけ・・・

K12d

|

« 老後と不良・・・ | トップページ | 昼下がり・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 老後と不良・・・ | トップページ | 昼下がり・・・ »