« カリスマ・セクハラ | トップページ | ディルとスズキとウェイトレス »

2006.07.21

大切な人を待つ・・・

『哀しみのレスポール』

Dsc01580_5 私が、所有しているギターの一つ『ギブソン・レスポール』

このレスポールには、本当の持ち主がいる・・・

私が、大好きだった人だ・・・

今、何処にいるのか、何をしているのか、生きているのかさえ分からない・・・

ただ私は、3年経った今でもレスポールと共に、その人の帰りを待っている・・・

それは5年前・・・

私が、まだ20歳だった頃にさかのぼる――

まだ店に入って間もないある日の夜、私は『彼』に出逢う。

その出逢いは、かなりインパクトの強いものだった・・・

いつものように店に入った私に、

初対面の彼は、焼酎4合(720ml)ストレートのイッキを命じた。

私も、根性だけはあったので、その焼酎を一気に飲み干してやった。

奇しくも、これが私の芋焼酎初体験となった。

これを期に彼は、私を気に入る形となり、親しく接するようになった。

彼は、車屋を経営する社長であった為、私もそこで車を購入したこともあった。

全てにおいて、彼は豪快だった・・・

酒は、一気に流し込む。それが、ブランデーやバーボンでも。

酒の飲み方は、そんな彼に教わったのかもしれない・・・

彼の事務所に置いてあった『ギブソンのレスポール』

Dsc01578_1 私は、いつもそれを欲しがった。

私:「そのレスポール下さいよ」

彼:「36万で売ってやるよ」

私:「買えるわけないですよ・・・」

そんなやり取りを何度繰り返したことだろう・・・

そんなある日、噂で彼の経営難が囁かれた・・・

彼:「ヨッシーが、車を買い替えてくれたらなぁ、店も潰れないのに」

と冗談交じりの笑顔で話す彼からは、経営難なんて微塵も感じられなかった。

それでも私は力になれたらと、2年も乗っていない新車を手放すことを決意。

新しく買い換えることにしたのだ。

契約を交わし、先にローンを組んだ。

数ヶ月経過・・・

車が来ることはなかった・・・

彼は、突然姿を消した・・・

いなくなる数日前――

最後の電話。

彼は元気のない声で、「ごめんなぁ、車もう少し待ってて」とだけ言った・・・

経営難は本当だった・・・

事務所には取立てが入り、全ての物を奪い去った・・・

私の手に『ギブソンのレスポール』だけを残して・・・

いなくなる一週間ほど前のこと――

私:「このレスポール、少しメンテナンスした方がいいっすよ」

彼:「そうだなぁ、じゃあ、任せるよ」

と言い、私に預けた・・・

こうなる事を彼は知っていたのだろうか・・・

それを、欲しがっていた私に預けたのは償いなのか、親心なのか・・・

それも、今となっては知るすべもない・・・

彼が、いなくなってから、私の心はポッカリと穴が開いたままだった・・・

あれだけ欲しがっていたギターを手にしたはずのなに・・・

毎日、出るはずのない携帯に電話を掛け続ける日々が続いた・・・

使われなくなる、その日まで。何度も何度も掛け続けた・・・

私は、車の事など全然恨んでいないから・・・

もう一度だけ、話がしたい・・・

くだらない話でバカ騒ぎして、豪快に酒をあおって酔っ払って・・・

「今でも、ヘネシー1本イッキ出来るんですよ・・・」

貴方が鍛えてくれたんですから・・・

「レスポール、今でも大事にしてますよ・・・」

絶対、誰にも渡しませんから・・・

貴方が戻って来る、その日まで大切に預かっておきますね・・・

私は、今でも時々夢に見る・・・

楽しかった、あの頃を・・・

私の立つカウンターで、彼はいつものように酒をあおる・・・

私は、嫌々イッキする・・・

夢なのに、何故だか、涙が止まらなくなる・・・

|

« カリスマ・セクハラ | トップページ | ディルとスズキとウェイトレス »

コメント

ちゃんたさんへ・・・
そうですねぇ、ちゃんたさんも面識ある人ですよね。
僕の卒業祝いとMナオさんの送別会を一緒にやった時、
あの日、ちゃんたさんも居ましたもんね。

投稿: ヨッシー | 2006.07.23 05:37

彼とは何度か話をさせてもらったかなぁ。
親しくなる前に俺が鹿児島を出てしまったんで
それきりですが。
切ない話ですね。
でもまたどこかでつながるでしょう。
生きてる限りはどこかで。

投稿: ちゃんた | 2006.07.22 15:25

ゆーじさんへ・・・
いえいえ、僕のブログに場違いな人なんかいませんよ♪
店と同じでで、その扉を開けたときから僕は、誰であろうと歓迎します。
これからも、たくさん意見くださいね☆
BARも音楽も、『ノー・ボーダー』ですよ♪

投稿: ヨッシー | 2006.07.21 14:55

英美さんへ・・・
そうですねぇ・・・
逢いたいものです。
唯一、このギターを手放さない事が、最後の繋がりだと信じて暮らしています。
いつか、ひょっこり帰って来てくれる事を信じてBARに生きます。
私の目印として。

投稿: ヨッシー | 2006.07.21 14:47

場違いかなぁ~と思いながら来させてもらいました。
独り言みたいなゆーじの日記に度々コメントをありがとうございますm(_ _)m

読ませてもらっていて、ちょっと複雑な切ない心境になりました。そういう経緯で本来の持ち主以外の場所に来ているギターもあるんですね。

ヨッシー君が精一杯の愛情を持って大切にしてあげるのが、このレスポールにとっての幸せなのかもしれないですね。

投稿: ゆーじ | 2006.07.21 12:33

私も似たような人がいますよ。
同じ様に、会社の社長さんだったんだけど、経営難というか
借金というか。。。

とても良くして頂いて、
貧乏なMy家庭の私や、兄弟にイチゴとかチョコレートを
持ってきてくれたの。
随分昔のことなのに、嬉しかったから覚えています。

そういう人って、会いたいと思うと会えないですね。
でも、つながりがあったのはやっぱり何か縁があるのだから
きっといつか会えるんだと思います。

その人が、今も健康でありますように!

投稿: 英美 | 2006.07.21 11:37

ニタッチさんへ・・・
また、皆でバカ騒ぎしたいっすね♪

投稿: ヨッシー | 2006.07.21 01:24

心が痛い・・・

彼は、俺の大先輩でホンマに豪傑やった

実家も割と近い方で、ホントの同郷もんでした

俺も、話して呑んで騒ぎたいさ

Come Back!

投稿: ニタッチ | 2006.07.21 01:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カリスマ・セクハラ | トップページ | ディルとスズキとウェイトレス »