« 読書のススメ 4 | トップページ | 称えよう »

2006.06.22

セミナーと多忙な一日

『シングルモルト・ウィスキー・セミナー』

Dsc01151 6月21日(水)は、昼の1時よりバーテンダー協会だった。

私、一睡もすることなく参加・・・

長い一日の始まりだった・・・

この日の研究テーマは、『シングルモルト・ウィスキー』

サントリー主催のウィスキー・セミナーがホテルの一室で行われた。

まずは、別室にて試飲会。

たくさんの、ウィスキーやスコッチをストレートで頂く。

ここぞとばかりに頂く・・・

飲んでみたかったウィスキーや貴重なモルト等を片っ端から・・・

Dsc01146 その後、セミナーへと移行した。

講師の方の講義を聴きながら、メモをとる。

この感じ、大学以来だ。

世界のウィスキーから、ジャパニーズウィスキーまで詳しく説明。

洋酒好きの私としては、眠気さえ寄せ付けないほどに興味津々。

テーブルには、数種類のウィスキーが並ぶ。

一つ一つ、説明と共に試飲していく。

何て、素晴らしいんだ!

Dsc01143 しかし、これだけ飲むと、さすがにホロ酔い気分♪

この後、仕事があるなんて忘れてしまう。

しかし、現実というのは、やって来るもので・・・

時間的にも帰らなければ営業に間に合わない状況に・・・

う~ん、まだ飲んでいないウィスキーが残っている・・・

セミナーも、まだまだ長引きそう。

仕方ない、勝手に一人で進めよう♪

試飲を進めながら、自分なりに分析。

色、香り、口に含んだ時のフレーバー、フレーバーの余韻、そして加水しての試飲。

全てに、自分なりのコメントを残す。

お客様に、分かり易い説明が出来るように。

そして、ラスト2つ。

残るは、『山崎18年シェリー・ウッド』、『山崎18年ミズナラ・ウッド』

オーク樽熟成の後、シェリーの空き樽やミズナラの樽で、再び熟成させた物。

それぞれの樽の香りや個性がウィスキーに最後の命を注ぎ込む。

この2つを最後に試飲してみる・・・

口に入れた瞬間、舌の上で広がるように溶けていく衝撃の新感覚・・・

これは、かなり美味い!

Yamazakisherry_1 しかし希少品なので、入手困難な代物。(限定6000本)

値段も、いい感じ。

またいつの日か出逢いたい、そう思わせるウィスキーだった。

セミナーの途中ではあったが、店の営業があるのでここで会場を後にする。

睡眠不足に酒が入って、もうフラフラ・・・

そんな中でも、店はいつものようにオープンするのだ。

したがって、そんな日は気合と根性で何とか乗り切る。

このように我々は、バーテンダーとして日々努力をしているのだ。

もっと、お客様にお酒を好きになって頂きたい。

その一心で、知識を高めることもプロとしての大事な仕事であると私は思う。

 

              

|

« 読書のススメ 4 | トップページ | 称えよう »

コメント

Pへ・・・
試合終了!
日本の逆転負け・・・
何故か不思議にスッキリとした気分☆
まだまだ、日本サッカーは、長い目で見てあげよう♪

投稿: ヨッシー | 2006.06.23 06:11

『山崎18年シェリー・ウッド』『山崎18年ミズナラ・ウッド』
ウイスキーはそれなりに好きなので、飲んでみたいですね。

機会があれば・・・機会があるのか・・・。

さて、日本×ブラジル戦に向けて一眠りでもします。
起きれるんだか・・・

投稿: Pスト☆ | 2006.06.23 01:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読書のススメ 4 | トップページ | 称えよう »