« イベント報告 | トップページ | 漂流記2004 ~後編~ »

2006.04.18

漂流記2004 ~前編~

『伝説は、あの島で創られた・・・』

_080 2004年8月某日・・・忘れられない一日の始まり・・・

当店は夏休みを利用して、一泊二日のキャンプを敢行した。

そう、全ての伝説は、ここから始まった・・・

鹿児島県甑島(こしきじま)、東シナ海に浮かぶ小さな島。

島への交通手段は、フェリーのみ。

数時間かけて港に着いた我々に土産屋の店主が、不適な笑みでこう呟いた・・・

「あんた等、帰れなくなるよ・・・」

フン、何を根拠に・・・

そう、この時の我々は、店主の言葉を気にも留めずにいたのだ。

あんな事になるとは思いもせず・・・

私の車(7人乗り)だけを載せ、いざ出航。

快適な船旅。甲板では、すでにビールで乾杯。

のちに皆、この時が一番楽しかったと語っている・・・

数時間の航海を経て、甑島へ上陸。

そして、予約したキャンプ場へ・・・

青い空、白い雲、透き通るほどの綺麗な海。

のはずだった・・・

ネットで調べたものとは、明らかに違っていた・・・

まあ、良い。我々男6人、キャンプ場には若い子達がたくさん♪

のはずだった・・・

広いキャンプ場には、我々の6人だけ・・・シーズン真っ只中にもかかわらず・・・

まあ、良い。逆に、騒いでも他に迷惑をかける事はない。逆転の発想だ。

そして、夜の帳の中、狂宴の幕は上がった・・・

自分達で持ち込んだ、たくさんの肉や酒類。

それらを、ほぼ喰い尽くし、飲み尽くし、

持参したギター2本でバカ騒ぎ、時に語り、時に吐き・・・

贅の限りを尽くした宴会は、延々、朝方近くまで続いたのだった・・・

この時、『最高の終宴』が『最悪の終焉』の足音をかき消していたことに、

我々は気付きもしなかった・・・

そして、運命の朝を迎えることになる・・・

                                    後編に続く

|

« イベント報告 | トップページ | 漂流記2004 ~後編~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イベント報告 | トップページ | 漂流記2004 ~後編~ »